TOP > エンターテインメント > 舞劇『朱鷺』-toki-

舞劇『朱鷺』-toki- 東京公演 関西公演 九州公演 その他公演

舞劇『朱鷺』-toki-

エポスカード会員様ご優待

席種・料金

S席 8,800円6,950円

対象の公演日

2017年

Bunkamuraオーチャードホール 
東京国際フォーラム ホールC

会場: Bunkamuraオーチャードホール(東京) 会場: 東京国際フォーラム ホールC(東京)

  • ※営利目的の転売禁止
  • ※価格はすべて税込表示です。
  • ※未就学児入場不可
  • ※チケットの購入には別途手数料が必要です。
  • ※本公演のチケット購入代金のお支払いにはVisa付エポスカード(プリペイド含む)のみご利用いただけます。
  • ※この優待販売は、必ずしも良席を保証するものではございません。
  • ※チケットご予約後の変更・キャンセルは出来ませんので予めご了承ください。
  • ※キャスト変更に伴うチケット代金の払い戻し、公演日や券種の変更はございません。あらかじめご了承ください。
  • ※チケットに関するお問い合わせや、予約完了メール未着等の場合は、CNプレイガイド03-5800-3799(年中無休 10:00〜18:00)までご連絡ください。

公演内容

舞劇『朱鷺』-toki-

上海歌舞団 ”舞劇” この夏、日本で再び蘇る!!

うつくしく、儚く、力強い…観る者の心を打つ、舞踊で綴る物語―――

日本にもゆかりの深い鳥、朱鷺(トキ)と人間の青年との儚い愛の物語を描いた舞劇、「朱鷺」。

◆「舞劇(ぶげき)」とは
バレエや民族舞踊など、様々な舞踊表現を組み合わせ、台詞を使わずにストーリーを展開する、中国発祥の舞台芸術。

◆「朱鷺」ストーリー
朱鷺(トキ)の仙女・ジエと村の青年・ジュンが出会い、やがて恋に落ちる。
しかし、人間の世界で生きていくことのできないジエ。
ジエを守ろうとするジュンの葛藤が、さまざまな舞踊表現で展開されていきます。
2部構成の1部はジエとジュンの出会いを愛に満ち溢れたふたりのダンス、また、それを彩る24羽の朱鷺(トキ)たちの群舞で、鮮やかで彩り豊かに表現されていきます。
一方、2部は、迫力のあるコンテンポラリーダンスを中心に、環境破壊が進んだ世界がモノクロで表現され、今にも息絶えそうなジエの苦しみと、それを助けようともがくジュンの苦悩、やがてくる悲しい結末が描かれます。

◆上海歌舞団(しゃんはいかぶだん)
独創性に富んだ舞台作品を創作・上演する芸術団体で、中国の伝統舞踊に、クラシックバレエやモダンダンスを取り入れた、多彩な踊りを融合する舞台が有名。
日本では、2005年に東京(Bunkamuraオーチャードホール)にて、『舞劇「覇王別姫(はおうべっき~ある愛の伝説~)」』や、 2007年に東京と大阪で『WILD ZEBRA』(日中国交正常化35周年日本文化・スポーツ交流年認定事業)を上演している。
海外でも高い評価を得ており、これまでにアメリカ、カナダ、メキシコをはじめとした20ヶ国以上で公演を重ねている。
ダンサーは、中国国家からも認められる一級のダンサーたち。
主演の朱潔静 (しゅ・けつせい)と王佳俊 (おう・かしゅん) はともに国家一級演員と呼ばれる、中国で、映画・テレビドラマ・舞台・オペラ・演芸などの分野で活躍と貢献が認められ、最高レベルとされる人だけに贈られる称号をもつ。
見目麗しい二人はともに同級生ということもあり、ひときわ洗練された舞は、観る者の心を掴んで離さない。
2018年には、ニューヨーク リンカーンセンター、モスクワでの公演も決定している。

朱鷺(トキ)を表現する独特で繊細な首や指の動き、壮観の群舞、優れた身体能力から生み出される迫力のダンス。
そして舞台を彩る美しい衣装や、物語の世界に引き込む音楽と、心に訴えかけるストーリー…

すべての芸術表現が見事に融合された上海歌舞団の舞劇の世界が、この夏、再び日本で蘇ります!!

舞劇『朱鷺』-toki-

舞劇『朱鷺』-toki-

[出演]
上海歌舞団

〈メインダンサー〉
朱潔静 (しゅ・けつせい) 王佳俊 (おう・かしゅん)