2017.02.20 ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~制作発表会見

メインイメージ

ミュージカル「ビリー・エリオット ~リトルダンサー~」制作発表記者会見会

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の製作発表記者会見が18日に都内で行われ、応募総数1346名の中から約1年をかけたレッスン・オーディションを経て選ばれたビリー役の加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹らやビリーの父親役の吉田鋼太郎&益岡徹、バレエ教師・ウィルキンソン先生役の柚希礼音&島田歌穂、ビリーの祖母役の久野綾希子&根岸季衣、オールダー・ビリー(大人になったビリー)役の栗山廉(Kバレエ カンパニー)&大貫勇輔が登場した。

サブ画像

同作は、日本では『リトル・ダンサー』として知られる映画『BILLY ELLIOT』を2006年にイギリスでミュージカル化し、数々の賞を受賞した奇跡の舞台。
そんな超大作を今夏日本人キャストによって初上演する。
この日は、主演のビリー役をクワトロキャストで演じる子役4人によるパフォーマンス初お披露目。若干緊張した面持ちながらもビリーの父親役を益岡とダブルキャストで演じる吉田から「僕らも上から見ていましたが、感動して泣いてしまいました」と言わせるほどのエネルギッシュなパフォーマンスを披露しました。

また、その後の質疑応答でも各キャストから、作品への熱い想いを語り、会見は大変盛り上がりました。

サブ画像

「このころに戻りたい」と語るも、「戻ってもこの子たちのようにこんなに努力はしないと思う」と話し、会場の笑いを誘う吉田。

サブ画像

オーディションが半ば稽古になっていた、と島田と共感しあう柚月。

サブ画像

先輩キャストの皆さんが話すときは必ず顔を向けて話を聞く子役の4人が初々しくてとても可愛い!

そんな奇跡の舞台「ビリー・エリオット ~リトルダンサー~」をエポスカードでは会員様限定半館貸切公演の開催が決定!
貸切公演の概要やチケットの購入は以下のリンクからチェック!